FREE SHIPPING 30000以上で全国送料無料キャンペーン実施中!> /★企業会員様はこちら

祝着・産着

お宮参りの際、赤ちゃんを包むように掛ける着物の事を「のしめ(熨斗目)」と呼び、男の子と女の子では色合いや模様など違いはありますが、赤ちゃんの健やかな成長を意味する柄が色々と使われています。祝着の地模様によく使われるのは、日本伝統の吉祥文様(きっしょうもんよう)が多く用いられています。※吉祥文様とは、縁起が良いとされる動植物や物品などを描いた図柄のことを指します。

男の子用祝着

男の子の着用する着物の柄は、勇壮で威厳のあるものが多くみられ、男の子は強くたくましく育ってほしいという親の願いが込められます。また、生まれた年の干支にちなんで「虎」や「辰(龍)」「鳥(鷹)」にするという選び方もあります。

帽子・よだれかけセット

お子様の健やかな成長を祈るお宮参りに必要な、帽子・よだれかけなどがセットになっており、寿の化粧箱に入っていますので、贈り物としても最適な商品です。

紋章・家紋(刷り込み紋・貼りつけ紋)

家紋には刷り紋と貼り紋があり、それぞれ男の子用・女の子用があります。